« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

ドライブ

こんばんわhappy01

今日はぶらりと群馬県まで足を伸ばしました。

群馬と言えば…、

榛名湖。

と、答えてしまうところですが今日は釣りではないんですよ。

榛名湖を横目に伊香保方面へ行ってきました。

途中立ち寄った榛名湖は濃霧に覆われあいにくの天候。

榛名山は見えませんでしたが、湖上にはバサーやワカサギ釣りの釣り人のボートで賑わってました。

お昼ご飯は高崎名物、だるま弁当。

090927_2

秋の行楽シーズン、空気もきれいでとっても素晴らしい一日でしたshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

アオリを求めて

9月21日(月)連休3日目、アオリイカを求め再び海へ行ってきました。

早朝、目を覚まし布団から出るとメッチャ寒い。

外気温計見れば10℃。朝晩は冷え込む季節になってきたんだね。

日中になると打って変って汗ばむほどの陽気。

某港の堤防に行ってみると、先端付近やテトラの上にはエギンガーだらけ。

年々、エギンガーの数は増えてますな。

私もその中に混ぜてもらってエギをキャストしてみるも、まーったくチェイスもない。

日も高い日中だったし、時間的なこともあんのかなー?

と思いつつ次のポイントへdash

テトラ帯が続く海岸のポイントで投げ続けること数十分。

やっとエギにチェイスしてくるイカの姿を確認。

サイトで狙ってみるも興味を示すだけで、抱いてはくれない。

見える限りイカは小さそうなので、3寸のエギではデカすぎるっぽい。

エギのサイズを下げたり、カラーローテーションしたりしてみたけどそのうち反応もしなくなってきたので見きって移動。

次のポイントでは、午前中はボートで沖に出ていたけえさんとピースケさんと合流。

それぞれ午前中の釣果を報告しあいながら実績ポイントでやってみたけど、ここでもチェイスすらない。

残り時間すくないけど移動を考えていると、やっとこ回遊してきたのかアオリの姿が見え始めた。

この時間になってやっと反応出始めたってことは時合でしょ!

ってことで移動はなしに。(笑)

で、この見えたイカをサイトで釣るべく狙いだしてしまい泥沼へ突入。

あの手この手と尽くすも、無常にも日は暮れてしまい本日は終了。

今年はアオリの成長が遅れているのか、それとも数が少ないのか反応が薄い。

まあ、これから秋深まるにつれてサイズも上がって来ると思うんで次回に期待だね。

そんなわけで、今回はボーズの一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

念願の沖

「堤防からのキャスティングでは届かない沖でボイルが起きたり、もう少し沖の堤防jへ出られたらもっと釣れたのに…。」

という状況に毎回のように直面するんです。

そんな念願でもあった沖のポイントへ、今回はけえさんのボートに乗っけてもらい行くことができました。

乗るのはけえさんがバス用に使っていたアルミボート。

タックルを積み込み波打ち際からいざ出航~ship

湾内とはいえ海だけあって波とウネリは結構強かったけど、けえさんのフルパワーの操船のおかげであっという間にポイントへ到着。

早速仕掛けを準備して釣り始めると、驚いたのは魚影の濃さ。

出航したとき既に朝8時を回っていて、朝マズメは過ぎていたんだけど一投目からけえさんにヒットしたと思えば、私の竿にもいきなり「ゴゴゴン」とヒット。

掛かった直後に、底に向かって一気に突っ込む引きはかなり強烈sign03

堤防で釣っている同じアジの引きとは思えんわ。(笑)

大きな群れと遭遇したのかその後も一投一匹のペースでヒット。

ウネリが強くなってきたため昼頃までしか続けられなかったけども、二人合わせて17匹もデカアジ釣れました。

090919

堤防からでは届かないわずか沖に出ただけでこれほど釣果が変わってくるとはね。

ヒット直後に真下に突っ込む強烈な引きは病みつきになりそうnote

と、ここで今日の釣果は大満足ではあるんだけど、

「せっかく海に来ているんだし、エギングもやっときますか?」ってことで、昼飯食べて別の港へ。

今シーズン初めてアオリやるんで、どんな様子なんだろ?

するとけえさんが立て続けにアオリをゲット。

一投目でいきなり反応したので行けるかも、と思いきやその後ぱったりと反応はストップ。

私にはリリースサイズが一匹釣れたのみで、暗くなっても状況は変わらずギブアップ。

まあ、今日はデカアジ爆釣で大満足ということでshine

けえさん今日はボートに乗せていただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

ガイド

雨降りの休日となった先週末12日rain

釣り仲間のスワームさんの知り合いの方が長野に遠征にやってくるというので、あいにくの天候ながらチヌ師さんと一緒に川に行ってきました。

準備しているときから雨降っているとテンション下がってしまうものだけど、そこはばっちりカッパ着込んで気合い入れてやりますよ!(笑)

さて、今年バス釣りは調子よく釣れている私だけど今日はちゃんと釣ってもらえるかな?

そんな心配も束の間、ゲストの方が早速川バスをゲットしてくれましたhappy01

私はスティックシャッドのキャロ、ノーシンカーで30cmクラスを二匹キャッチして何のかボーズは回避。

チヌ師さんもしっかり釣っていましたよー。

そしてもう一人のゲストの方も粘った末に立て続けにヒット!

ポイントを一通り攻め終ってみるととっくにお昼を回って既に2時。

昼食を食べてから本日ラストとなるポイントへdash

わずかな残り時間でチヌ師さんはデカバスをばらしたり、ゲストの方はここでグッドサイズのバスをキャッチに成功。

ここでは私に見せ場はなく終了~。

ランチタイムの移動時間にやっと雨がやんだと思ったら釣りやめる前に再び降り出しちゃったし。

これだけ雨に降られればせっかくの魚の写真も撮れんわ。

それにしても今日は全員ボーズなく釣れたことが何より良かったねnote

気付けば今年も9月の中旬と2009年もだんだん残り少なくなってきましたね。

でもね、これからはアオリや青物が再び釣れ出すシーズン。これからもガンガン行きますよーsign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

残暑の海

話は大分さかのぼった8月29日土曜日のこと。

この日はけえさんと朝から上越へ釣行。

お盆以来約2週間ぶり。

海中をのぞき込めばプカプカ漂うクラゲの数も増え、テトラの周りには影の中に出入りする新子のアオリの姿もちらほら。

海の中も季節が変わりつつあるんかね?

アオリも釣るには早すぎるんで私たちは引き続きデカアジ狙ってきました。

私はこの夏ハマった投げサビキで。

けえさんは天秤付きのコマセカゴにエビ餌用の仕掛けを結んだ「カゴ釣り」と呼ばれる釣り方で。

二人でそれぞれ異なる釣法を試したのですが釣果が明らかに差が出たんだよね…。

二人とも底付近の深い層を狙ったのは一緒なんだけど、仕掛けの構造上カゴ釣りの方が重心が一点だから投げやすい。

それをけえさんの遠投力でかなり沖まで飛ばすもんだから、狙える範囲も広がるんですよ。

潮の流れは悪く、逆風と悪条件が重なったけれどけえさんはデカアジ数本に真鯛も数匹と好調でした。

暗くなるまで粘ってみたけれど、結局私はボーズ。

カゴ釣り、恐るべしsign01

まだデカアジのチャンスはあるだろうからリベンジじゃthunder

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »