« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

苦手克服への道

3月27日(土)

海ではポツリポツリとサワラが釣れ始め、ホタルイカの接岸があったりと春の到来を感じさせる情報を耳にするようになってきました。

が、この時期海の天候が落ち着かない日が多いので今月は海へは行かずに集中してバスフィッシングに通いました。

バス釣りに集中したはいいんだけど前回の釣行記でも書いた通り、3月は気温変動が激しく苦手意識たっぷりの季節なんです。

今月は雨、雪の日が多く川系ポイントが全滅ってのもあってここのところボーズ記録を重ね続け、スランプ中down

このスランプ脱出法をいろいろ考えてみましたが、

答えは簡単happy01

釣りに行くしかない!

ということで、本日もいつも通り釣行してきました。(笑)

今回は久しぶりに長野市の田子池へ。

昼前一時こそ晴天の釣り日和だったんだけど、午後からは北からの強風で荒れ模様typhoon

巻物系のハードルアー中心でやってみようと思っていたんだけど正面に投げるのもままならない状況になってしまった…。

それでも諦めないでクランク(ピーナッツ、ブリッツ)、スピナベ(ハイピッチャー)をガンガン投げ続けていくも、全く風が落ち着く気配も見えないので埒が明かん…。

こうなったら、カバー撃ちに変更。

片っ端からアシ際へ丹念にラバージグを落としていき、

遂に「ゴッ」と当たった〰note

P3270079

P3270084

サイズは39cm。

苦手の初春、カバー撃ちにて攻略成功!!

バス君、こんな強風時に喰ってくれてありがと〰scissors

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年3月22日 (月)

鬼門3月

3月22日(月)

珍しく土、日曜日と釣りに行くことなく連休最終日の今日は千曲川へと足を延ばしてきました。

昨日の雨の影響など全く考えずに家を出たけど、甘すぎたねcoldsweats01

濁りすぎてお話にならない…。

前回、釣りをしたテトラも増水して水の中だし、流れも速すぎ。

すると、

こんな状況を見かねて、チヌ師さんが駆けつけて下さいましたhappy01

川の様子をみて、

「今日の流れでは無理!」と判断し野池へ避難。

ここでチヌ師さんに昼食をいただきランチタイム。

車の中から池を眺めると、良型バス数匹発見。

チヌ師さんと二手に分かれて池を周回。

珍しくベイトタックル片手に握ってカバー撃ち。

最初にデカバスを見てしまったからね。

何度もポイントに入り直して、しつこくカバー撃ち。

釣りやっている最中にも、入れ替わり立ち替わりアングラーがやってきているからしょうがないんだろけど、

ここのバスは本当に手ごわい。

完全にルアーを見切ってるもん。

チヌ師さんも反応芳しくないようで、二人ともギブアップ。

3月ってポカポカ陽気の日が多くなって釣れそうな季節なんだけど、

期待に反して、私にとっては苦手な季節。

かえって、2月の寒さが厳しいときの方が釣れたりするんだよね。

この連休みたいに、気温急上昇したと思ったらいきなり真冬日に戻ってみたり。

気温差が激しいためバスの居場所を絞りこめないのが、3月苦手の理由。

3月も残り1週間。

苦手も克服しておかないとsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

雨の中

3月13日(土)

強風+雨降りという最低のコンディションのなかチヌ師さんにお願いして千曲川へ釣行。

私が行くなり雨が降り出してしまう最悪なタイミングrain

本当、こんな日に誘い出してしまい申し訳ありませんでしたm(_ _)m

雨の様子を見つつ川を覗いてみれば、増水気味だけど濁りはそれほどでもない。

水温は9℃。

二手に分かれて探ってみるも一箇所目ノーバイトwobbly

その後移動して、ここでも思い思いのポイントを攻めてみたけどここも生命感すら無し。

でもって本日ラストのポイントへ。

まずはチヌ師さんにポイントの概要を説明していただき、さっそくそのポイントへ直行。

バルキーホグのテキサスリグで足元のカバーから打ち始めると

「ココンッ」とアタリ!

すかさずアワセるも喰いが浅かったようでミスフッキングwobbly

あーあ、やっちゃった…。

そうこうしているうちに、雨脚が再び強くなってきてしまったので撤収。

次回、リベンジを誓って千曲川を後にしました。

チヌ師さん寒い中付き合っていただきありがとうございましたhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »